還暦祝いにフラワーギフト

プリザーブドフラワーは何色が人気?

プリザーブドフラワーは何色が人気? プリザーブドフラワーは、枯れることがなく美しさを長く保つことができます。
特殊な加工と染料を用いられているので、豊富なカラーバリエーションがあることも人気の理由ですが、何色が人気なのかは自宅に飾る、親へ送る、知人の誕生日に送る、など利用方法によっても様々です。
花の色にはイメージや意味があり、「赤」は情熱・愛情・元気、「ピンク」は上品・リラックス・気品・温かい心、「白」は尊敬・清純・夢・正義・純潔、「黄色」は友情・幸福・さわやか・希望、「オレンジ」は魅惑・信頼・楽しさ・健康・絆、「紫」は誇り・神秘・知的・上品・尊敬、「青」は夢が叶う・誠実・信頼・奇跡、「緑」は癒し・安らぎ・健康・希望などです。
プリザーブドフラワーを還暦(60歳)に送るなら赤、傘寿(80歳)・米寿(88歳)なら黄色、古希(70歳)・喜寿(77歳)・卒寿(90歳)なら紫、白寿(99歳)・百寿(100歳)なら白がお祝いの色なので、それを基調にした色が人気です。
また法人向けや、高級感を出したい場合は深い赤や紫、男性向けには青1色なども人気があります。
結婚祝いにはピンクや白、女性やお子様の誕生日には赤・ピンク・白・黄色・オレンジなどが人気です。
様々なカラーと組み合わせができるので、プリザーブドフラワーは送ってももらっても、自分のために買っても嬉しいですね。

贈り物にプリザーブドフラワーをプラスして華やかさを演出!

贈り物にプリザーブドフラワーをプラスして華やかさを演出! 誕生日プレゼント、結婚祝い、入学祝い、出産祝い、クリスマスプレゼント等々、大切な人へ贈り物をする機会は人生のうちに幾度と訪れます。
贈り物というのは貰う側が嬉しいのは当然ですが、贈る側にも喜びがあります。それは、贈り物を選びながら大切な人が喜ぶ顔を思い浮かべるという、幸せの時間を得る事が出来るからではないでしょうか。
そしてもし大切な人が女性なら、贈り物と一緒に花束を添える人もいるのではないでしょうか。
また、花束そのものが贈り物という事も多いでしょう。花束は存在そのものに華やかさがあり、人を笑顔にさせる力があります。
しかし、花の種類や手入れ方法で枯れるまでの時間に差はあるものの、枯れてしまう運命は避けられません。
そこで花束の代わりにプリザーブドフラワーを贈ってみてはどうでしょう。生花に比べると価格は高くなりますが、その分プリザーブドフラワーは生花の美しさを何年も保ちます。
陽にあてないなどの注意点はありますが、貰った時の嬉しさが見る度によみがえるわけですから、その価格の価値はあるでしょう。