還暦祝いにフラワーギフト

プリザーブドフラワーをプレゼント

プリザーブドフラワーをプレゼント 最近とても人気になっているのがプリザーブドフラワーです。
プリザーブドフラワーは生花本来の風合いを残し、特殊加工されたお花のため、造花やドライフラワーとは違い、お花のフレッシュさや色あいを楽しめ、長期保存が可能です。
プリザーブドフラワーは生花のように水やりなどの心配がなく手間がかかりません。
そのためプレゼントにとても適している商品です。
お花は大好きなのに、育て方がわからずすぐ枯らしてしまう方や、年配の方であまりこまめに手入れを出来ない方、仕事などが忙しく家を留守にしがちな方などにもとても向いています。
最近では故人の方のための商品も販売されており、仏壇などに長期間飾っておけるため人気が高まっています。
プリザーブドフラワーでブーケをつくる方も増えていて、結婚祝いとしても人気です。
生花にはない色あいも楽しめるため、贈る相手の大好きなカラーを選んであげたり、可愛いガラス容器に入ったものなどもおすすめです。

プリザーブドフラワーをプレゼントしてはいけない相手とは

プリザーブドフラワーをプレゼントしてはいけない相手とは プリザーブドフラワーは新鮮な生花や葉を特殊な液に漬けて着色し、乾燥させてつくるものです。
生花と同じような美しさで長く保存をすることができるので、プレゼントやイベントなどで重宝され人気になっています。
そんなプリザーブドフラワーですが、プレゼントをしてはいけない相手がいます。
それはやはり生のお花が好きで、ドライフラワーや造花などが好きではない相手といえるでしょう。

お花が好きな方の中には、「ドライフラワーなどは枯れた花で嫌い」という場合があります。
またプリザーブドフラワーは特殊な液に漬けるなどの工程があり、それがミイラのようだと感じることがあるようです。
また風水では枯れた花は縁起が悪いといわれており、そのような理由で嫌うこともあります。

お花を好きな方はたくさんいて、その美しさを長く楽しむためにつくられたプリザーブドフラワーですが、やはりその方によって好みがあり、嫌がることがあるようです。
プレゼントにする時には、どちらが喜ばれるか確かめてから選びたいですね。